趣味友募集の掲示板!おすすめはコレ!

趣味友募集

 

「共通の趣味の話で盛り上がれる友達が欲しい」

 

「周りの友達には同じ趣味の友達がいない・・。ネットを利用して趣味友を作りたい」

 

「現在、主流の趣味友作りの方法を知りたい」

 

 

こんな方におすすめの方法が、コミュニティサイトの「趣味友募集の掲示板」を利用することです。掲示板を使えば、趣味友を募集している人を見つけられたり、自分から趣味友を募集できたりします。

 

 

「趣味友が欲しい」と思っている人と出会えるため、出会ってから友達になれる確率も高く、効率的です。

 

 

ただし、コミュニティサイトは数多くあっても、趣味友募集の掲示板があるサイトは多くありません。現在、趣味友募集の掲示板があり、もっとも会員数が多いコミュニティサイトがこちらです。

 

↓↓↓

 

>> PCMAX(ピーシーマックス)

 

趣味友募集

趣味友募集ができる掲示板で一番おすすめ!

 

趣味友、ゲーム友達、飯友、飲み友など複数の掲示板があるため、自分の希望に合った友達と出会いやすいです。

 

 

会員数1,000万人はコミュニティサイトの中で日本最大。しかも、アクティブユーザ数(※頻度高く利用している会員数)が50万人を超えているため、掲示板も活発的です。

 

 

相手の住んでいる地域や性別、年齢など詳しく条件を設定できます。パソコンやスマートフォンからも利用できるため使いやすくおすすめです。

 

趣味友募集

 

>> 「PCMAX」を選ぶべき5つの理由とは? <<

 

 

 

趣味友募集の掲示板がおすすめな理由

趣味友募集

近頃、大人になってからの「友達作り」関連の書籍が増えていることをご存知でしょうか?

 

 

学生時代と違い、社会人や主婦になると友達はできにくいです。社会人になると、これまで仲の良かった友達とは、就職、昇進、結婚、出産などを理由に疎遠になっていきます。

 

 

そして、新たな出会いも皆無・・。仕事や家事で忙しくなり、職場や家庭以外で人と話す機会はめったになくなります。

 

 

出会いの数が極端に減るため、新しい友達ができにくくなるのは当然です。だから、何もしなければ友達ができる確率はノーチャンスとも言えます。

 

 

しかし、今後何十年も生きていく上で、友達はお金では買えない貴重な財産です。共通の趣味を楽しんだり、一緒に熱中したりできる友達がいれば人生が楽しくなることは間違いなし。

 

 

では、そんな趣味友を作るにはどうしたら良いのか?

 

 

このページで紹介する「趣味友募集の掲示板を利用する方法」が効率的で確実です。

 

 

趣味友募集の掲示板がおすすめである理由は、以下の通り。

 

  • 趣味友が欲しい人と出会える
  • 利用者が多いため希望する趣味友が見つかる可能性が高い
  • 忙しくても問題なし
  • 相手を確認できるから安心

 

 

趣味友が欲しい人と出会える

趣味友募集

趣味友を作るために一番重要なことは、「趣味友が欲しい」と思っている人と出会うことです。相思相愛のために、出会ってしまえば友達になるのは時間の問題。

 

 

趣味友募集の掲示板は、その名の通り、趣味友を募集して作るための掲示板ですから、利用者は「趣味友が欲しい」と思っている人だけです。

 

 

掲示板で自分で趣味友を募集するか、同じ趣味の人を掲示板から探す、この2つの方法で効率良く趣味友候補を見つけられます。

 

 

利用者が多いため希望する趣味友が見つかる可能性が高い

趣味友を作る方法に、社会人サークルや合コン・街コンに参加する、という方法もあります。しかし、そこで出会える人の数はたかが知れていますよね。

 

 

数人〜数十人しか出会えないのに、その中から仲良く付き合っていける趣味友を見つけるのは難しいです。

 

 

相手の年齢が離れ過ぎている可能性もありますしし、相手が恋愛目的である可能性もあります。

 

趣味友募集

趣味友募集の掲示板があるコミュニティサイトは、会員数は数百万人もいるため、出会いの数が社会人サークルや合コン・街コンと比べ物になりません。

 

 

多くの人と出会えるため、それだけあなたが希望するような人と出会える確率が高いです。それに、掲示板で募集するときは、相手の年齢や性別、居住地などを詳しく設定可能なため、理想に合った人を募集できます。

 

 

忙しくても問題なし

趣味友募集

ネットを利用した掲示板は24時間いつでも利用できます。仕事で忙しくても、休み時間に掲示板で趣味友を募集しておけば、あとは誰かがメッセージを送ってくるのを待つだけで良し。

 

 

メッセージが来たら、メッセージをくれた複数人の中からあなたが望むような人を選んで返信すればOK。そこからは、LINEやFacebookの連絡先を交換して、交流していけます。

 

 

ネットを利用できるからこそ、ちょっとした時間されあれば、出会いのチャンスを生み出せるのです。

 

 

相手を確認できるから安心

ネットでの出会いに不安を感じる人もいるかもしれません。しかし、「ネットは危険」と言われていた一昔前と違い、ネットをきっかけとした出会いは一般的になりつつあります。

 

 

趣味友募集

ゼクシィを運営しているリクルートのブライダル総研による「恋愛調査」によると、2014年の時点でSNSなどインターネットを通じての出会いは10人に1人だったそうです。

 

 

恋愛目的でさえこの数字ですから、友達作りでネットを活用している人はもっと多いはずです。この数字は今後も増えていくでしょう。

 

 

また、コミュニティサイトでは、相手の顔写真やプロフィール情報を確認できるため、リアルでの出会いよりも安全です。

 

 

嫌な相手だったら無視したり、ブロックして連絡できないようにしたりすればOK。

 

 

趣味友募集

 

 

失敗しない趣味友募集の掲示板の選び方

「どの掲示板がおすすめなの!?」

 

「一番趣味友ができやすい掲示板はどこ?」

 

 

趣味友が欲しい皆さんの声が今にも聞こえてきそうです。

 

 

でも、実は難しいことではありません。次の3つのポイントさえ押さえておけば、失敗しない掲示板を選べます。

 

    掲示板選びの3つのポイント

     

  • 掲示板の種類が豊富に用意されているか?
  • 実際に利用している人は多いのか?
  • パソコン、スマホの両方から利用できるのか?

 

 

趣味友募集の掲示板があるコミュニティサイトの比較

 

PCMAX

Jメール

YYC

掲示板

あり

あり

あり

掲示板の種類

友達募集、メル友募集、オフ会参加募集、ゲーム友達募集、飯友募集、趣味友募集、恋人募集 友達募集、メル友募集、趣味友募集、恋人募集 友達募集、メル友募集、恋人募集

アクティブ会員数

50万人

不明(非公開)

不明(非公開)

総合評価

 

公式サイトはこちら(R18)

公式サイトはこちら(R18)

公式サイトはこちら(R18)

 

一番のおすすめはPCMAX(ピーシーマックス)です。PCMAXは、掲示板の種類がとにかく豊富で、趣味友募集や飲み友募集、ゲーム友達募集、オフ会友達募集などを利用して希望にあった人で出会いやすいようになっています。

 

 

会員制のサイトでは会員登録はしてあるけどまったく使っていない利用者を休眠会員、頻度高く使っている利用者を「アクティブ会員数」と呼びます。PCMAXはアクティブ会員数がコミュニティサイトで一番多いです。(他社はPCMAXよりアクティブ会員数が高くないため、公開できていない状態です。)

 

 

アクティブ会員数が多いということは、それだけ多くの人と交流ができるので友達ができやすいです。このアクティブ会員数の多さは実際に使ってみると体感できますので、ぜひ試してみてください。

 

 

趣味友募集

 

 

PCMAXのスタートダッシュ特典

PCMAXの利用料金は、女性は登録も利用も完全に無料です。いっさいお金がかかりません。なので、何も気にせずに利用して大丈夫です。

 

 

男性は、登録は無料です。利用は有料ですが、登録時にもらえる無料ポイントとスタートダッシュ特典を利用すれば、激安で利用可能です。

PCMAXのスタートダッシュ特典

 

 

スタートダッシュ特典は、登録してから2日間以内に限り利用できる特典です。ポイント購入時に、スタートダッシュ特典を利用すれば、通常よりも最大1.5倍も多くポイントがもらえるようになります。

 

 

ポイントは、3,000円分ほど購入すれば充分です。一ヶ月で考えれば、一日100円で利用できてしまう計算です。缶ジュース1本くらいの値段で、趣味友達ができてしまいます。

 

 

>>PCMAXのスタートダッシュ特典を利用してみる!<<

 

 

さいごに一言

日本では孤独死が増えています。死んでも誰にも気づかれずにひっそりと死んでいく・・、非常に悲しいですね。

 

 

最初にも書いた通り、大人になると自然に友達ができることはなく、「友達作り」をしなければ、新しい友達ができません。つまり、行動しなければ、友達がいない現在の状況は何も変わらないのです。

 

 

気軽に話せたり、困ったときに頼れたりできる友達は貴重な財産となります。ぜひ行動してみてください。

 

 

↑ 「趣味友募集.com」をもう一度はじめから見る  ↑


更新履歴